インフォメーション

2017-07-28 16:44:00

平成29年度地域づくり人材養成講座 第3回ワークショップ

・平成29年度地域づくり人材養成講座 第3回ワークショップ
・場所:中津川市坂下公民館
・平成29年7月23日(日)午前10時~正午
・主催:岐阜県環境生活部県民生活課・中津川市文化スポーツ部生涯学習スポーツ課
・指導・助言者:岐阜大学地域協学センター長 益川浩一教授
・ファシリテーター:5名〈内当会員 伊藤氏・熊倉氏・藤本氏・倉地氏)
・受講生:14名
・ワークショップ
 1.前会の振り返り
 2.グループ活動
 ・「男性向けの取り組み」・「情報発信」・「川の活用」・「世代間交流」の4つのテーマ
   に、分かれて、地域活動の計画を立てました。
 3.平成29年12月10日の報告会まで、自主活動期間に入ります。

1501227560201.jpg
1501227454037.jpg

 

2017-07-15 17:28:00

平成29年度 地域づくり人材養成講座~中津川市~

 ・平成29年度 地域づくり人材養成講座~中津川市~
第2回ワークショップ開催

 

1500078768143.jpg

 

1500078700428.jpg

1500078613740.jpg

・平成29年7月9日(日) 午前10時~正午
・場所:坂下公民館
・指導者:岐阜大学地域協学センター長 益川浩一 教授

・参加者 18名

・当会からの御参加者 藤本氏、熊倉氏、伊藤氏、倉地氏(順不同)

・主催者:岐阜県環境生活部県民生活課
    :中津川市文化スポーツ部生涯学習スポーツ課

・内容

 ・活動発表
 ・発表者:中津川坂下地区郷土文化財保存会 会長 早川英雄 氏

 ・「上野・坂下ふるさと歴史資料館 椛蔵」開館に至るまで

 ・ 文化財保存会設立前

 ・「坂下地区の歴史展」開催と保存会設立

   ・「歴史資料館を造ろう」気運高まる

 ・ 歴史資料館開設準備宣言

 ・ 歴史資料館開設へ向けての作業

 ・ 開館に漕ぎ着ける

 ・素材、人材、継続、励まし

 ・今後の課題


 ・質疑応答

・岐阜大学地域協学センター長 益川浩一 教授
・保存会会員の方々の地域に寄せる想い、真摯な取り組みについて、分かった。
・開館に向けて、いろいろな方々のサポートがあったこともよかった。
・本講座中に計画する地域活動の素材として活かせられる。

 

・ワークショップ

・テーマ:「地域課題から地域づくり活動を考えよう」

・前回意見として挙げられた、「男性向けの取り組み」・「川の活動」・

「情報発信」・「世代間交流」の4つのテーマに分かれ、どの様な地域活動

をするか、計画を立て、次回に完成します。

以上 文筆 伊藤

 

 

 

 

 

 

2017-06-27 16:58:00

設立総会及び第2回定例会

・設立総会及び第2回定例会 

1498550163137.jpg

 

・設立総会及び第2回定例会(岐阜県コミュニティ診断士東部分会)

 

・平成29年6月25日(日)午後4時~午後6時、多治見市体育館研修室にて、
岐阜県コミュニティ診断士東部分会の設立総会及び、第2回定例会を実施しました。

 

・ご参加者は、藤本氏・伊藤氏・熊倉氏・三宅氏・小椋氏(以下順不同)でした。

 

・午後4時、当会議長に、藤本氏を、全会一致で選任致しました。

 

・伊藤氏が、議長の指名で、「岐阜県コミュニティ診断士東部分会の会則案」を、各条逐次朗読しました。

 

・藤本氏より、年会費を、2千円の議案が、出ていることを説明し、全会一致で、決定しました。

 

・役員の改選については、当面の間、会員間の親睦を優先にして、次回の定例会以降に延期することに、全会一致で、決定しました。

 

・次回の定例会は、平成29年8月20日(日)午後1時半から午後3時、下記の通りに、決定しました。
 当会への入会を、ご希望の方、是非とも一度、覗いて下さい。大歓迎です。 
  

場所:「バーム・ド・フォレスト 」
所在地〒507-0014 岐阜県多治見市虎渓山町7丁目14−18
電話0572-21-1211
以上 文筆 伊藤(0572-22-6839)

 

2017-06-23 21:58:00

平成29年度地域づくり人材養成講座

 

 

 ・平成29年度地域づくり人材養成講座

 ・平成29年6月18日(日)午前10時から正午まで、中津川市坂下公民館
で、開催されました、平成29年度地域づくり人材養成講座 第1回ワークショップ開催
に、ファシリテーターとして、参加致しました。

 ・ご参加者は、24名でした。

 ・当会からのファシリテーター参加者は、藤本氏・伊藤氏・熊倉氏・倉地氏でした。

 

 

○指導・助言者は、岐阜大学地域協学センター長の益川浩一 教授でした。

テーマは、

・男性向けの取り組み ・世代間交流 ・情報発信 ・川の活用に決まりました。

・やさか地域・中津川市ならではの地域課題が、出来ました。

・次回は、活動したいテーマごとに、グループの再編成をして、課題を深めます。

 

主催:岐阜県環境課生活部県民生活課
   中津川市文化スポーツ部生涯学習スポーツ課

 

2017-06-23 19:50:00

新人診断士スキルアップ(ファシリテーション)研修会

1498052026369.jpg

 

平成29年6月17日(土)岐阜県図書館 研修室1・2

(13時45~14時20分)

本会から、熊倉氏及び伊藤氏が、参加しました。

 

○開講

1.主催者挨拶・本研修会の趣旨説明

2.参加者の自己紹介

○講義(14時20分~14時50分)

講師:office isaca  代表 井坂泰成 先生

(ファシリテーション修士)

1.ファシリテーターの役割

①安心・安全な雰囲気をつくる

②公平に扱う

③参加者同士の関係をつくる

 

2. 初期の役割

○演習(14時50分~16時10分)

「ファシリテーター」という役割

・対話・学習の潤滑油役

・中立的立場で、

・一人一人の思いを引き出し、

・相互作用(チームワーク)を生み出す

→当事者(参加者)に考えてもらい、発言してもらうことに徹する

・ファシリテート(facilitate)→容易にする、円滑にする、促進する(やり易くする)

1.掘り下げる質問

①人の意見を否定しない

②一人が長く話しすぎない

③積極的に話し、聞く

④協力する

 

2.付箋のまとめ方(KJ法)

①ゴール(目的・目標)を伝える→何が決まればいいか

②進め方を伝える→「付箋に書く。順番に言う」等

③時間・ルールを管理する→「後〇分ですよ」等

④人数を調整する→「まず2人(3人)で話して」等

⑤発言を促す→質問をする。待つ。励ます。

⑥さばく→止める。ふる。

⑦整理する→論点の整理。付箋の整理(参加者と)

 

○質問する

①(一般論よりも)経験を聞く→「地域の課題は何ですか」・「地域で、ご自身が困ったこと、気になったことは、どんなことですか」

②掘り下げる→具体的な状況を聞く

 理由を聞く→「どうして」・「そう思われる理由は」

 

○「堀り下げる」必要→ニーズを知る→本当のニーズが、わかって、はじめて対策が、打てる。

 

○こんな時どうしよう

1.意見が出ない→なぜ意見がでないのか確かめましょう!

2.一人が長く話しすぎる

3.どう進めていいかわからない

・正直に言って、参加者と相談する→「皆さん、お知恵をお貸しください」と、積極的に呼びかける。

 

● 担当係

岐阜県環境生活部県民生活課 交通安全・コミュニティ係 様